吉田病院トップページ 診療Tips

日本脳卒中学会 医療向上・社会保険委員会が提案するrt-PA静注療法の施設基準
1. CTまたはMRI検査が24時間実施可能であること
2. 集中治療のため,十分な人員(日本脳卒中学会専門医などの急性期脳卒中に対する十分な知識と経験を持つ医師を中心とするストローク・チーム)及び設備(SCUまたはそれに準ずる設備)を有すること
3. 脳外科的処置が迅速に行える体制が整備されていること
4. 実施担当医が日本脳卒中学会の承認する本薬使用のための講習会を受講し,その証明を取得すること(ただし,発症24時間以内の急性期脳梗塞をたとえば年間50例度の多数例を診療している施設の実施担当医については,本薬使用前の講習会の受講を必須とはしないが,できるだけ早期に受講することが望ましい)